スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パテラ手術

いよいよ手術当日です。今日は二人とも有休。
(写真はすべてスマホです。)


7月27日(水)9時半に病院の予約済み。
言いつけどおり、前日は22時までに食事を終わらせ、当日は6時半に水撤去。
いざ出かける時、何も知らない社長が尻尾を振ってキラキラな目で
「どこ行くのー!?」と近づいて来て(涙)
うーん・・・ごめんよ・・・


どちらの足から手術するかは、当日先生に判断していただく予定だったので決まってなかったけれど
予想通り右足に大決定。
右足の方がやっぱり症状が重くて、筋肉がすでに落ちていたよう。
相当かばってたんだな。
別れを惜しむ間もさほどなく、その後は看護師の方からの話。


手術は13時位~麻酔から醒めるまでの16時の予定。
大体の医療費予想。
面会について。
毛を刈る範囲について。
などなど。

そして、あの、一番嫌な、
署名について。
どんなに先生を信頼していても、嫌ですわ。
二度と書きたくないけど(結局、いぬとも夫に書いてもらったけど)
もう一度は確実なんだよね(--;

DSC_0014_convert_20110731134128.jpg


この後落ち着かなくて、いぬともと外をフラフラ放浪。


手術終わって麻酔も醒めて、とっても元気ですよーって電話をもらった時は
本当に嬉しかったー!


20時半頃面会に行ったら、看護師さんが
「さっきケージのドアを開けたら飛び出てこようとしたんです(笑)
だから飼い主さん来たら、すぐ出てきちゃうねって話してたんですよ♪」
と言うので、こっちはそのつもりでルンルンして行ったのですよ。



DSC_0016_convert_20110731135334.jpg



・・・・・

確実に怒ってるし。
まったく近寄って来ないし。

ねぇねぇ、さっきまで機嫌良かったって聞いてるけど?



そうだっけ?
DSC_0015_convert_20110731135243.jpg



抱いても良いですよーと言われて抱いた姿。

DSC_0017_convert_20110731135423.jpg


やっぱり怒ってる



ま、怒る元気があったから良いですわ。


面会行く前に病院に電話してたので、整形外科の先生が待ってて下さいまして
そこでBefore/Afterのレントゲン写真を見ながら説明を受けたんですが。
こんなに足が真っ直ぐになるもんなんですねぇ。っていうくらいの違いでした。



長い一日だったな~。



スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

パテラの話の続き

行ってきました。整形外科専門医のところへ。
(その気になれなかったので、写真は撮っていません。)
余裕を持って出たのですが、ナビに騙されて結局約束どおりの時間となりました。

受付済ませて、待合室で他の飼い主さんたちと暫し団欒!?
クリフもずっと尻尾ふりふりしてました

呼ばれた部屋へ入っていくと
先生と看護師さん(と思われる)二人。
まずは床に下ろして冒険タイム。(リラックスさせる意味もあったかも知れないけど、歩き方チェックですね。)
その後、診察台の上で羽交い絞め(!!)にされ、四肢全ての関節チェックです。
お腹を見せる事が大嫌いな社長なのに、かなり長い間好き勝手されて、
ストレスで毛が抜けまくり、目も涙でいっぱいでした。ごめんねー。でも仕方ないのさー。

ま、もう聞きなれてきましたけど、両足共に外れっぱなし。
特にこの間やってしまった右足は酷いです。
実際に関節の動きを見せていただきました。
また、外れていてもちゃんと歩ける子はいるけれど
クリフの場合は外れると腰が抜けちゃうタイプでした。
力が入らないみたいです。
どうりで突然しゃがむ事が増えたと思ったよ・・。

レントゲンと血液検査の為にクリフを託して
私たちは再び待合室へ。
涙を拭いている方が目に入り、ここが救急病院であることを実感しました。
もらい泣きしそうでした。
あの時のワンちゃんかネコちゃん、手術が成功していることを願っています

検査が終わり、違う診察室へ案内され、
いよいよ執刀医とご対面です。
まずは検査結果の説明。

1. 血液検査
ちょっとした異常値はありますが、水と食事を抜いていることの影響でしょうから問題なし。
小型犬はリウマチになりやすいので、その検査もしています。
もしもリウマチを持っている場合は手術が刺激となって悪化してしまう場合があります。

2. レントゲン
明らかにお皿の始点(終点?)の位置がおかしいです。
両足とも内側にあるので、筋肉は全てそこに合わせて引っ張られてます。
痛みや違和感は感じているはずです。
内臓は異常なし。(私が聞かなければ話題にもなりませんでした(^^;))

結論: 年齢を考えたら手術した方が良いでしょう。

とりあえず専門医の先生に話をじっくり聞きに行くというコンセプトだったのですが
あまりにも分かりやすく異常を説明してくださったので
主治医の先生に、「話したら手術したくなりますよ」と予告されていた通りになりました。

以下、先生が仰っていたこと。
パテラは症例が多いけれど、手術自体は難しく1時間半位かかるだろう。
麻酔のリスクはないとは言わないけれど、ほぼ心配なし。
両足一緒に行う事も可能だけれど、トイレのケアが大変になるので
片足ずつを推奨します。
片足手術後2ヶ月置いて、もう片方。
両足ともに完治して走り回れるまで半年。
入院は3日間。
面会は24時間いつでも可能

この後、無理を言って手術の見積もりを出してもらったのですが、
覚悟していたとは言え、正直一瞬心臓止まっちゃいました
ごめんね、クリフ。
君のビビリは私に似たんだね、きっと(ーー;

でももう決めましたよ。
私達は頑張って稼いでくるから、社長も頑張って!



後光も力に頑張ってみますっDSC_0002_convert_20110708010854.jpg

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

パテラの話

久々の更新が、こんな話~?な話。

2週間位前、クリフ社長が久々にやってくれました。
馬アキレスが待ちきれなくて急旋回したところで

「ギャンギャンギャン!!ヒィヒィ(涙)」

それから暫くハウスの日々を送っていたのですが
3日後位に自分で寝床を作る最中、再び
「ギャン!」


右足さんでした。


以前、左足は外れっぱなしだけど右はまだ大丈夫という診断を受けてたはず。
なんか嫌な予感。


で、いつもの先生に診ていただきました。


結果は・・・・・


黒。
真っ黒
でした。

どちらもグレード3にはなってます。と。

3にはなってる・・ってことは、3以上ってことですよね?

先生から、「私だったら手術する」という回答をもらい

1ヶ月ほどじっくり考える事にしました。


クリフの場合は、かかりつけの先生ではなく
紹介状を持って専門医にお願いすることになりそうです。

横浜市に住んでいる特権とやらがあるらしいです。
知らなかった。

提携病院の紹介状があれば、専門医に頼れると。
マダパピから紹介されていた病院も考えていたけれど
いざ手術となった時、やっぱり家から遠いし困ることも出てきそうと思っていたので
少し安心。


全身麻酔や再発のリスクについても
40分程かけて教えていただいたので
今はちょっと手術する方向に傾いています。

でも、結論はまだ。
最終的には、実際に手術をする先生に話を聞いてみないとね。


やれやれ・・・と思っていたら






PAP_0616.jpg

今日、いぬともが足を脱臼して帰ってきました・・・
フットサルの大会で空中を飛んだらしいですわ。

下手したら、明日にも手術だそうで。


何もそんな痛い思いしてまでマネしなくても・・・
社長に忠誠を誓ったつもりか~!


私も怪我には気をつけよう。

みなさんもお気をつけて。



この間、スーパーで山積み&安売りされていたので
思わず買ってしまった一品でお別れです。




IMG_3517_convert_20110523000836.jpg



クリフ社長。せっかくだから営業してきますかね~?
君はチョコレート食べられないけどね~(^-^;

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

パテラの診察 by かかりつけ医院長

さてさて。
次の記事で書くといいつつ、
あっという間に1週間

記事はほぼ出来上がっていたものの、
最近まじめに写真を撮っておらずUPできませんでした。
超どうでもいい言い訳

いやいや、写真大事ですよねぇ。
あまりにも不勉強&根気なしのため
せっかくプレゼントしてもらった一眼レフが泣いてます
今度誰か、コツを教えて下さい。
他力本願ですみません。
(結局携帯写真です。ボケボケだ・・。)



で、ですね。
信用できるかも知れないと思って、下のステロイドの話の後
パテラの診察をしてもらったんですよ。



「パテラなんですけど、今の状態はどうですか?」







・・・診察中・・・・・診察中・・・・・診察中・・・・







「あー。なるほどね。左足はほぼ外れっぱなしです。」

(やっぱりそうなのか。







「まぁ、無理矢理グレードを付けるとしたら3ですね。」




「さ・・さん!?」







「右足は、1~2の間。ほとんど問題ないし、今ははまってますよ。」





「え?」





先生によって見解が変わるって言うけれど、こんなに違うもの?




かなり疑心暗鬼な私たち。




でも、この後のお話で考えが色々と変わってきました。


クリフの場合は幸いにも、うまい具合に(?)溝が浅く、ほぼ外れている状態ということで
関節に負担がかからず、痛みが出ていません。

先生の体験を踏まえた見解だと、パピヨンのこの体重で特殊なスポーツをやっていないのであれば
手術を勧めないということでした。

散歩やドッグランで嬉しくて走り回るという事は、特殊なスポーツに当てはまらないと。
折角の筋肉質だし、スポーツドッグにしたかったけれど
そもそも性格がビビリなので、どうせ向いてない(笑)

それならば、様子を見ても良いのかもしれない、と思うようになりました。


ついでに聞きましたが、がっつり先天性らしいです。
まぁ・・仕方ないですね


これ以上進行してしまうようなら
もう一度しっかり相談しますが、
今はこのままでいこうかと思います。







あ、そうそう。
ちなみにですね。
パテラ持ち犬の飼い主さん達に朗報です。




今まで外科的な処置しかできなかったパテラ。
実は内科的な処置ができるようになっているそうです!!


内科的な処置というと、痛み止めの注射でしょー?と思われるかもしれませんが、
医学は日々進歩しておりますね。


もちろん、骨が元の位置に戻るわけではないですが
痛みや、骨がずれることによって起こる炎症は抑えられます。


薬の名前は聞きそびれましたが、
痛み止めだけでなく、関節をスムースに動かす為の成分が入っており
それもその場限りではなく、定着するようになっているそうです。



最初はだいたい1ヵ月~2ヵ月くらい毎週または1週間置きに打って、
後は必要であれば1年後に数回・・・だったかな。


この薬は2年前に認可されたばかりなので
永久に効果があるかどうかの判断はできませんが
今までの症例だと、なかなか良い効果があがっているようです。


骨がずれることで減ってしまった必要成分がまた増えれば
本人の違和感もなくなります。


これは全ての関節に有効です!


こんなのも選択肢に入れておくと良いかもしれませんね?♪




みなさん、色々とアドバイスや励ましをありがとうございます。
とってもとっても勇気付けられました!




多くの人に力をもらって元気っす!

SN3D02490002_convert_20100614150640.jpg

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

情報選択の難儀 2

問題は、

3.膝蓋骨脱臼改善です。

クリフ社長は両足ともグレード1?2の間と言われています。
まぁ、この診断も結構前のものですので、
今の診断は違ってきてしまうかも知れません。

ただ、毎日様子を観察していますが、
散歩中にビッコを引いたりすることは
以前に比べたら減っているので、
小康状態かな?という気がします。


手術するにはグレードが下ですし
改善とまでいかなくても、せめてこのままいきたいものです・・・。



微かな望みをかけて
クリフ社長には煮干しさとと?さかなとかヨーグルトあんにん♪とかを
散々食べさせて来ました。


でも、前の記事にも書いたように
口が魚臭くなってから、しばらく煮干しは中止しておりました。
(原因がフードだと明らかになった暁には再開します力こぶ



あとは、このサプリメントですかね?。
煮干しなどと合わせて、かなり長い間与えてますが
効果のほどは良く分かりません・・はてはて


IMG_1256_convert_20100113230635.jpg



どうしたもんだかと考えあぐねておりましたら
最近新たなアイテムが加わりました。

田んぼドッグランで知り合った飼い主さん。
「膝蓋骨脱臼には鶏肉を骨ごと与えるのが良いわよ。ウチの子もそれで良くなった!」
確かに、脱臼している子とは思えない動きをしておりましたえぇ


鶏か?・・。
なんか、鶏肉って生で与えることに抵抗があるんだよなぁ。
と思いながら、これまたネットでいろいろと調べてみました。

一応納得した上で、試しに与えています。
大体週に2?3回、手羽中 or 手羽先を。

まぁ”一応”の納得なので
これが正しい方向に進んでいるのか分かりません。
鶏はダメだという意見もあるし、大丈夫という意見もあるし。
取捨選択が難しいです。




とりあえず、実践する以上は
コラーゲンが膝にいってくれることを願ってますアップロードファイル





おおっ!鶏さんですね!!さとと?にわとり

IMG_1245_convert_20100113232705.jpg






これ、うまいんだよな?

IMG_1249_convert_20100113232927.jpg






ばりばりっ骨
IMG_1253_convert_20100113233042.jpg






誰にも渡さんぞ?!

IMG_1252_convert_20100113233009.jpg



社長、お顔が怖いですけど?たはー



ワイルドでいこう苦笑



ごっつぁんでした羅琉 ニヤリIMG_1269_convert_20100114074952.jpg

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

いぬまり

Author:いぬまり
いぬまり/OL歴十数年。 毎日、会社と家とクリフの往復。

いぬとも/独立夢見るサラリーマン。クリフを抱っこするのが趣味の一つ。

クリフ/2008年1月29日生。マダムパピヨン犬舎出身。 父・永吉 母・祭
Cliff by K's Design

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
パピヨン時計(W&B)
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。